デトランスα
ワキガや汗っかきで悩んでいる人で
デトランスαを夏だけでも使おうと思っている人は、多いと思います。

 

 

じじつ、口コミでも、デトランスαで効果があったと言われる人も多いようですからね。
デトランスαの反響の声はここからご覧ください。>>

 

 

ただ、口コミの一部に
「効果があるけど、かゆくなる」という意見をいくつか見かけました。

 

はたして、この事実は本当なのでしょうか?

デトランスαで「かゆい」症状がでるって本当でしょうか?

調べた結果、

 

 

残念ながら……。

 

 

体質にもよるのですが……、
「かゆい」と言う症状がでる場合があります!

 

 

 

実際に、口コミでもこんな声が……

 

 

デトランスαの口コミで「かゆい」と訴える声

 

 

 

かゆい 口コミ1.
「痒くなるのですが汗は止まります。数日間、効果が続きます。」
44歳 敏感肌

 

 

かゆい 口コミ2.
「肌が弱かったもので、慣れるまではヒリヒリすることがありましたがコレを使用するとその部分から汗が出ません。」
41歳 敏感肌

 

 

かゆい 口コミ3.
「すっごく痛かゆいです。
お風呂上がりに脇が乾いた状態のもとで塗りますが脇や脇の付近が真っ赤になってしまうのです。
チリチリ痛いし痒すぎて寝付けないくらいです。
使用し始めは毎日、使うそうですが毎日なんてとても使うことができません。
何日か日を置いて塗っても一緒で痛痒いし、塗っていない日でもふとした時に痛痒くなってしまいます。」
25歳 乾燥肌

 

 

かゆい 口コミ4.
「効果はありますけれど、ぬった直後から10分くらいは痒みがあります。
その際に掻いてしまったら、ただれのようになります。」
32歳 混合肌

 

 

かゆい 口コミ5.
「脇に掻きすぎによる炎症が起こっていたという事を忘れて、塗ってしまった日があって熱くなる様な痛みで、すぐさま洗い流しましたが火傷のようになりしばらく塗れませんでした」
30歳 混合肌

 

 

かゆい 口コミ6.
「塗り始めたころは、かゆみがありましたが3回目ほどからワキガのにおいがほぼ無くなって、かゆみも5分くらいで落ち着きました。」
40歳 混合肌

 

 

 

 

かゆい 口コミ7.
「脇の下を、針でチクチク刺されているような痛痒さに、当分の間、闘うはめになりました」
47歳 乾燥肌

 

 

と、確かに、デトランスαを塗ると、人によっては、
「かゆい」症状に襲われるようです。

デトランスαで「かゆい」という症状がでるワケ

では、なぜ、デトランスαで「かゆい」という症状がでるのでしょうか?

 

まず、気になるのは成分の特性ですよね。
デトランスαは次の成分が配合されています。

 

デトランスαの配合成分
・アルコールデナ
・アルミニウムクロリッド
・カルシウムラクタート
・ヒドロキシプロピルセルロース
・水素化キャスターオイル

 

注目していただきたいのが、アルミニウムクロリッドです。

 

アルミニウムクロリッドはデトランスαの制汗成分ですが、副作用が……。

 

アルミニウムクロリッドって、聞き慣れないような名前ですよね。
日本では、塩化アルミニウムと言います。

 

塩化アルミニウムは、皮膚科でも多汗症の治療に利用される成分で制汗効果はとても高いのです。

 

仕組みは、汗腺で汗と反応してゲル状となって、汗の出口を閉塞させる。

わかりやすく言うと、汗腺にフタをする役目をするので汗が止まると言うワケです。

 

 

ですが、塩化アルミニウムには副作用があります。

 

それは、
皮膚にヒリヒリ感、かゆみを引き起こしてしまう副作用があるのです。

 

 

ですから、医療機関では、その副作用を抑えるために塩化アルミニウムを含んだ20〜30%水溶液あるいはアルコール溶液が使われています。

 

 

通常は一日1回、就寝する前に気になるところに塗るように指導されます。

 

なお、効果を感じるまで2〜3週間続けることが欠かせません。

 

 

ここまでのことをまとめると、塩化アルミニウムは効果も大きいのですが、肌への刺激も強い欠点があります。

そのため、まれに、かぶれやかゆみを引き起こしてしまいます。

 

できることなら、肌の弱い人は使用を控えるべき成分だと思いますが、

脇の汗やニオイに困っている人にとっては、塩化アルミニウムが配合されているデトランスαの使用を悩んでしまう点ですね。

 

ですが、この痒くなる副作用の対処法が意外なところから、出されていました。

発見!デトランスαの副作用「かゆい」症状には個人差があった!!

ところで、デトランスαにおいての塩化アルミニウムの「かゆい」という副作用についてですが、

口コミなどの感想を読む限りでは、個人差がかなり大きく、敏感肌の方でも大丈夫な人もおられるようです。

 

 

ですから、実際に使ってみるまでは、副作用がでるかどうかは、
わからないというのが正直なところです。

 

 

それに、デトランスαの口コミでは、なんと意外にも「かゆみ」に対しての対処法の意見も多く寄せられていました。

 

これは、利用できると思いますので参考にしてみてください。

かゆいという症状への対処法はあるのか?

デトランスαの口コミでは、実際に使って「かゆみ」を感じた人が、

自ら行った対処法を報告しているコメントが多数ありました。
そこで、ここでは、その一部をご紹介します。

 

必見!デトランスαのかゆみの対処法

 

対処法コメント1.
「最初はかゆいのですが翌朝拭き取れば軽減しました、私は1回使用で効果は2〜3日は持ちます。」

 

 

対処法コメント2.
「ロールオンタイプですが、まかり間違っても直塗りはしないでください。
私は、水で湿らせてギュッと絞ったコットンにグリグリして、それを脇にポンポンして、朝はボディーシートで拭き取って完了。」

 

 

対処法コメント3.
「塗り方は脇に直に原液を直接塗ると強すぎるので、水で濡らしたコットンで薄め塗りという説明書通りに使用。
正直なところめんどくさいですが、そうは言っても汗を止めてくれる唯一の商品だったので、頑張って使ってました
2、3日すると脇からの汗はピタっと止まります」

 

 

対処法コメント4.
「私はコットンでポンポン塗り付ける分には痒くなりませんが、直接ロールオンした時には痒くなりました。
翌朝洗い流さ無くても痒くなることがないので、特別洗ったり拭いたりはしていません」

 

 

 

対処法コメント5.
「一般的なロールオンタイプの制汗剤を塗るように使うと速攻チリチリ痒くなりました。
夜チョンチョンチョンと塗り付けてコットンで軽く伸ばし、朝洗うかウエットティッシュでふき取ると、思っている以上に痒みが出なくなりました。」

 

 

と、かゆみの対処法としては、ほとんどの人が直接に塗るのではなく、コットンなどに含ませて塗るといいと言われています。

 

じつは、この点については、商品に同封されている取り扱い説明書にも書いてあるようです。

 

 

ただ、「かゆい」という感じ方は個人差があります。
ですから、あくまで軽減できる方法ということで読んでいただければと思います。

 

 

それと、ひとつ大事な注意点があります。

 

「かゆい」症状を引き起こさないための注意点!

それは、脇毛処置をしたすぐ後に塗ることです。

 

 

 

これについてはあなた自身が抜いたり剃ったりした場合は勿論の事、
医療機関や脱毛サロンでのプロによる施術をしてもらった場合でもです。

 

 

 

 

 

なぜなら、脇毛処理は肌がある程度のダメージを受けていますから、そこへ塩化アルミニウム成分を含んだデトランスαを塗るととんでもない痛さを感じることになります。

 

 

 

場合によっては炎症を起こす可能性もありますので注意が必要です。

 

 

 

デトランスαを塗る場合は、脇毛の処理後は、最低でも2〜3日の間隔をあけてから使用するようにするといいでしょう。

 

デトランスαを買っても損はありませんか?

さて、ここまで、デトランスαで「かゆい」という症状から対処法まで紹介しましたが、

はたして、本当にデトランスαを買っても損はないのでしょうか?

 

 

じつは、いまなら、デトランスαの公式サイトでは
通常のデトランスαに、肌にやさしい敏感肌用のお試しデトランスαが

無料でついてくるキャンペーンが開催されています。

 

このお試しセットなら、デトランスαを試して、痒みがあれば対処法を試してみて、もし、だめなら、敏感肌用を試すと言った、
2段構えで副作用の「かゆい」から回避する使い方ができるので、お得ではないでしょうか。

 

 

詳しくは、
デトランスαの初回限定キャンペーンの詳細はココから>>

 

 

ポイントはここ!デトランスαを試して使い続けられるかの判断の目安

デトランスαはドラッグストアなどで手に入るような、
一般的なデオドラント剤と大きく違う特長があることをご存知でしょうか?

 

 

 

それがこれ
デトランスα,かゆい,

 

ご覧の通り、使うごとに使用頻度が減っていく特長があるのです。
つまり、使うごとに効果の持続が長くなるということなのです。

 

 

 

 

極端な話、一時的な「かゆみ」がでても我慢できる程度で、

継続して使うことでワキガやワキ汗といった悩みを解消できるならば、

これは、これでよいと思います。

 

 

それに、「かゆい」という症状がでたとしても、

先ほどの口コミ情報での対処法でカバーできて使い続けることができるかもしれません。

 

 

 

考えてもみてください。
ワキガやワキ汗で、手術を選択するよりかは、
ダメもとでも、デトランスαを試してみる方が、リスクは極めて低いと思いますが……。

 

 

とりあえず、検討してみる価値はあるのでは……、
今一度、下からデトランスαの案内の詳細をしっかりご覧になって検討してみてはどうでしょうか。

 

デトランスα,かゆい,

 

 

でも、どうしても不安なら……。

どうしても不安!デトランスα敏感肌用よりやさしい制汗剤ってないのでしょうか?

もともと、敏感肌で、肌が弱い人にとっては、
デトランスαの使用は、不安が募るかもしれませんね。

 

 

じつは、

 

デトランスαの敏感肌用よりも、より、やさしい制汗剤があります!

 

 

 

それが、これ

デオエース
デオエース

 

では、

このデオエースがデトランスαの敏感肌用よりも肌にやさしいのは、なぜなのか?

 

 

それは、デオエースはポーランド発症の制汗剤だからです。

 

じつは、ポーランド人の肌って意外と
デリケートな肌質の人が多く日本人の肌質にもっとも近いと言われています。

 

 

そのポーランドで開発された制汗剤なので、
肌に優しい処方がされています。

 

 

じじつ、口コミでも確認したところ……。

 

 

「まったく痒みはなく、しっかり汗とニオイを抑えてくれます。」
女性 39歳

 

 

「デトランスαの敏感肌用でも痒くなっていましたが、デオエースでは痒みが気になりませんでした。」
女性 42歳

 

 

「これは、痒くならずに効果があります。」
男性 45歳

 

 

と、好評の声がかなり多くあがっていました。

 

 

ですから、敏感肌なので、初めから極力肌に優しい商品を願っている人なら、
デオエースから初めてもよいでしょうね。

 

もちろん、デトランスαや敏感肌用も試してみたが駄目だった方も、

再度、試してみる価値は大いにあります。

 

それに、いまなら、特別価格で販売中ですので、検討するなら今です!
まずは、公式サイトで案内を良くご覧の上で検討してみてはどうでしょうか。

 

デオエースの詳細は下記から

 

詳細はこちら